たがわフィルムコミッション

コンセプト

この街にしかないシーンがある。

福岡県筑豊三都のひとつ、田川市。
炭都として栄え、その当時の姿を今なお色濃く残している懐かしい風景には、
情と活気に満ち溢れ激動の時代を力強く生きてきた、当時の人々の想いを確かに感じることができます。
昭和の雰囲気漂う商店街、人々の暮らしを感じる炭鉱住宅や駅、
子どもたちの元気な声が聞こえてきそうな路地裏…。
タイムスリップした錯覚さえ覚えるようなシーンが、田川市には点在しています。
一方で、新しい産業によって生まれ変わっていく現代の街並み、そして四季を感じる美しい自然。
この街は、目線を変えることでさまざまな表情を見ることができるのです。

そのすべてがこの街にしかない時の流れであり、この街にしかない表情。
スクリーンでしか見たことのないような映画のワンシーンが、
田川市には生き続けています。

What's たがわFC

撮影スタッフの一員として フルサポート!

田川市は、盆踊りなどでお馴染みの「炭坑節」発祥の地。炭坑節は、「月が出た出た月が出た、サノヨイヨイ」のフレーズで広く知られています。
また、炭坑節の中で唄われている「二本煙突」や国内初のユネスコ世界記憶遺産に登録された「山本作兵衛コレクション」など、数々の炭坑遺産を有する自然・歴史・文化が薫るまちです。
これまで、この自然や文化を継承しながら、すばらしい都市として発展してきました。
しかしながら、全国の地方都市においては、⼈口減少が著しく、中心市街地等が衰退している中、どこの地方都市も⽣き残りをかけた⾏政運営を⾏っています。
本市も炭坑の閉山以降、⼈口減少が進み「このままでは⽣き残れない」と考え、目をつけたのがフィルムコミッションの設⽴でした。
本市では、これまでに、「⻘春の門」(1975年、1981年)、「信さん・炭坑町のセレナーデ」(2010年)、「わが家の歴史」(2010年)など、本市においては、様々な映画やドラマ、CМが撮影されています。このフィルムコミッションの設⽴を契機に、映画やドラマの撮影・制作を通して、本市の発展を図るとともに、本市の魅⼒を全国に発信したいと考えています。
そのために、「たがわフィルムコミッション」の代表として、制作会社の皆様に対しまして、24時間365日体制でフルサポートすることをお約束します。ぜひ、このまちにしかない表情を活用してください。

たがわフィルムコミッション 代表 二場 公⼈(田川市⻑)

フィルムコミッション(FC)とは、映画・TVドラマなどのロケーションが円滑に進むようサポートする非営利の団体です。
田川市では、ロケーションを支援するための組織として、「たがわフィルムコミッション」を設⽴し、全市をあげて、各種撮影ロケ等の支援を⾏っています。

支援対象

国内外映画、CM、テレビ番組、プロモーションビデオ等あらゆる映像作品のロケーション撮影

支援活動

  • まちの情報、ロケ地の紹介。
  • 公共施設や道路の使用許可などの仲介。
  • シナハン、ロケハン、ロケなど制作に必要な業務のお手伝い。
  • 宿泊施設、レンタカー、飲食店の紹介。
  • エキストラ、ボランティアスタッフの確保。

事務局連絡先

〒825-8501 田川市中央町1番1号
たがわフィルムコミッション事務局 (田川市建設経済部たがわ魅⼒向上課内)
TEL:0947-85-7147 FAX:0947-46-0124